(社)石川県労働基準協会連合会: 技能講習、特別教育、各種企業支援事業の石基連(いしきれん)!!  安全管理者とは

  受講申込書ダウンロード    
  安全管理者とは

 安全管理者とは、安全に係る技術的事項を管理する者として選任された人、簡単にいえば、以下のような安全確保業務を行う者のことです。 

  ・安全確保のための作業場の巡視
  ・危険防止の措置
  ・安全のための指導監督
  ・その他、安全確保のための実務


 安全管理者は、危険を伴う業種(屋外産業的業種、または屋内産業的業種で工業的)で、労働者が常時50人以上使用されている事業場では、法的にその選任が義務付けられています。

※ 衛生(健康管理など)に係る管理を行う、衛生管理者とは異なりますのでご注意ください。
※ 安全衛生推進者は、50人未満の事業場に関するもので、安全管理者とは異なります。

安全衛生推進者等の研修をお受けになりたいなど、安全衛生推進者に関する詳細は、
『 
労働基準協会 ⇐ クリック 』 にて、御社所在地の各地区協会までお尋ねください。

  推進者に関する講習は、連合会(当ホームページ作成元)では行っておりません。
  推進者講習に関する連絡は、各地区労働基準協会にてご確認をお願いします。


1.安全管理者の選任が必要な業種の具体例

 安全管理者の選任が必要な事業場は、以下の業種で常時50人以上使用している場合です。
  
㋑ 建設業等野外産業的業種
    林業、鉱業、建設業、運送業及び清掃業
㋺ 製造業等工業的業種
    製造業(物の加工業を含む)、電気業、ガス業、熱供給業、水道業、通信業、各種商品卸売業、
    家具・建具・什器等卸売業、各種商品小売業、家具・建具・什器小売業、燃料小売業、旅館業、ゴルフ場業、
    自動車整備業及び機械修理業

 なお、上記要件に事業場が当てはまることとなった場合は、14日以内に安全管理者を選任し、所轄の労働基準監督署に報告しなければなりません。

 

2.安全管理者となるには?

 安全管理者は衛生管理者とは異なり、国家免許等は必要ありませんが、安全管理者となるには以下の(1)
または(2)の要件が必要となります。
 
(1) 厚生労働大臣の定める研修(※)を修了した者で、次のいずれかに該当する者
    (平成18年2月24日付、基発第0224004号通達)
  ア 大学または高等専門学校において理科系統の正規の課程を修めて卒業した者であって、その後2年
    以上産業安全の実務に従事した経験を有する者
  イ 高等学校または中等教育学校において理科系統の正規の学科を修めて卒業した者であって、その後
    4年以上産業安全の実務に従事した経験を有する者
  ウ  その他厚生労働大臣が定める者 (理科系統以外の大学を卒業後4年以上、同高等学校を卒業後
    6年以上産業安全の実務を経験した者、7年以上産業安全の実務を経験した者等)

(2) 労働安全衛生コンサルタントである者
  

※ 厚生労働大臣の定める研修が、安全管理者選任時研修となります。


3.安全管理者選任時研修について

 平成18年10月1日から労働安全衛生規則第5条の改正により、新たに安全管理者を選任する際には、従来の学歴と実務経験に加え、厚生労働大臣が定める安全管理者選任時研修を修了していることが、義務付けられることとなりました。また、この時点で安全管理者としての経験が2年未満の人も、本研修を受講していることが必要となりました。
 
 石基連では、上記「安全管理者選任時研修」をとり行っています。日程等の詳細は、講習案内をご確認ください。