技能講習、特別教育、各種企業支援事業の石基連(いしきれん)!!  技能講習・特別教育等の資格の必要性について!

石基連HPトップへ       

 
 講習のお申込みは、(公社)石川県労働基準協会連合会で承ります。
 講習案内で開催日程・予約状況等をご確認の上 申込願います。

資格について(資格の種類と必要な理由など)

 労働安全衛生法に基づき、一定の業務を行うには資格が必要となるものがあります。
※ 当連合会が行う各種講習の資格内容については、資格の内容についてをご参考下さい。



◇◇◇ 資 格 の 種 類 ◇◇◇

 労働安全衛生法の国家資格には免許試験・技能講習の種類があり、その他に特別教育・職長教育などがあります。
また、免許試験に合格するための準備講習などもあります。
 当連合会で実施している講習は技能講習、特別教育、その他の講習(職長教育、準備講習など)です。(講習の概要をご確認ください)

 

◇◇◇ 技 能 講 習 ◇◇◇

 労働安全衛生法第14条、第61条、第76条及び別表第18に規定されている資格です。免許試験(試験のみ)と違い、規定時間の講習(科目によって規定されている)を受けなければならないことになっています。
 ただし、科目によっては実務経験がなければ受講できないものもあります。(事業所の証明必要)
講習終了後に修了試験(法的筆記試験)を行い、合格した場合には修了証という資格を証する書面を交付します。
修了試験に合格するには、各科目ごとに40%以上かつ総合得点の60点以上が必要となります。技能講習は国家資格ですので、合格点を取らないと修了証は交付できません。
 当連合会が行う技能講習の修了試験結果につきましては、試験終了日の約1〜2週間後に事業所宛(個人申込の方には個人宛)に通知をお出します。
なお、合否結果の詳細についてのお問い合わせは個人情報等の関係からお答え出来ませんのでご了承下さい。


◇◇◇ 特 別 教 育 ◇◇◇

 安衛法第59条及び安衛則第36条に定められた特別教育です。
 特別教育は、定められた対象業務ごとに、教育内容の科目と所定時間以上教育することが定められており、事業者にその記録を3年間保存することを義務付けております。
 当連合会が行う特別教育を受講された場合、修了証を発行し、失くされた場合も再交付を行いますので、1回受講されればその修了証が対象業務の特別教育受講を証明できます。


◇◇◇ 職 長 等 の 教 育 ◇◇◇

 法第60条及び規則第40条に規定されている資格で、建設業、製造業(一部除外あり)、電気・ガス業、自動車整備・機械修理業で職長となるときに必要となります。
 なお、当連合会で行うのは職長等の教育ですが、建設業等で安全衛生責任者の選任が必要な場合は「職長・安全衛生責任者教育」の受講が必要となります。「建設業労働災害防止協会石川支部」が実施していますので、詳細等のご確認には、そちらにご連絡をお願いします。


◇◇◇ 準 備 講 習 ◇◇◇

 免許試験(講習受講の義務なし)に合格するための準備講習です。
当連合会では、衛生管理者免許試験受験の準備講習会を行っています。
衛生管理者免許試験受験は、筆記試験のみで直接試験を受けることができますが、合格率が低く独学では難しいので、当連合会では合格の鍵となる重要なポイントと、これまでに出題された例題を、初めての受験者にも分かりやすく指導をする、試験に合格するための講習です。実際の試験については別に受験する必要がありますのでご注意ください。
 通常、中部地区の免許試験は下記(愛知県)で行いますが、年1回10月ごろ石川県でも出張試験が行われます。


ホームページのトップへ